カテゴリー: ヨット

マリーナ雄琴オープン

マリーナ雄琴のお正月は、1月9日まで。

10日のオープンに合わせて、マリーナ雄琴に出掛けました。

マリーナのスタッフの皆さんと、新年の挨拶をして「今年もいろいろとお世話になります」

 

昨夜は、この冬一番の寒波で、マリーナかに望む比良山系は、裾の方まで真っ白です。

こんな玄関の日に、朝から出港したヨット仲間が、北湖で撮してきてくれた画像は、とても綺麗です。

いつも乗ってばかりの「MATHUSYOU」を、ケルヒャーでしっかり洗浄しました。

 

よほど汚れて居たのか、ドンドン綺麗になります。

マリーナからの帰路、往きには気が付かなかったけど、比叡山全体にも積雪が有りました。

いよいよ、本格的な冬の到来です。


ヨットで泊まろう会

今年もクリスマスの「マリーナ雄琴ヨットで泊まろう会」で、大勢のヨットマンが集まりました。

今年のコンサートも、サックスの清水利香さん、ピアノの駒田小夜子さんの友情出演です。

 

小雨の中、次々にヨットマンが集まってきて、イルミネーションの準備を始めます。

  ボートのArcadiaでも

5時頃から、各艇内で宴会の始まり。やはり、コンサートの時期は鍋ですね。

スイスの若者も、上手に鍋を突っつきます。

    リハ中の3人

お腹が満たされてから、コンサートの開演です。

クリスマスソングからスタート。

 

終演近くは、ジングルベルと、赤鼻のトナカイと琵琶湖周子の歌を全員で合唱。

有り難うございます。

マリーナのスタッフは、大幅な残業で、沢山のアルコールを接待してくれました。

満月の夜の、イルミネーション。

よーく吞んで、よーく寝て快適な朝を迎えてから、ボートクルージングです。

暖かなクリスマスで、とても楽しい二日間が過ごせました。


忘年会

12月2日は、BSCA(琵琶湖セーリングクルーザー協会)の、納会レースです。

 僕の乗ったmugenは11位

今年一年の、締めくくりレースは、12月とは思えないくらいの暖かさ。

それに比例して、風が全然有りません。

 本部艇はステーゴールド

mugenのスピンスタート

少ない風を、みんなで取りあい。

途中でジブ風に変わって、南へ南へ

 観覧艇の「SOME DAYさん」から、沢山の画像を頂きました。

後半に、少し吹いてきたので何とか全艇がゴールして楽しみました。

本部艇のステーゴールドさん、ありがとうございました。

  

朝の艇長会議で、年間成績の表彰式があり、mugenは6位に入賞。

トロフィーと「久保田」が貰えたので、ジャンケンをしたところ僕がゲット。

さあその夜は今年も、琵琶湖のヨット仲間忘年会を開催。

大勢の人が集まって、食べて喋っての2時間半。

 

 

  

ジャブシャブも寄せ鍋も、うどんも蕎麦も美味しかったーー。

 

いよいよ、楽しい時間もお開きとなります。

また来年も良きライバルとして、ますますセーリング技術の向上に努めましょう。


ジャイブの練習

マリーナ雄琴の名物セーラマンに、ジェネーカーの御指導を仰ぎました。

年に100回以上もセーリングしている「先生」は、いつもシングルハンドで、スピンもジェネーカーも展開して、

ジャイブも一人でこなします。

ジェネーカー展開の前に、先ずはシートとセールバッグのセットを聴きます。

この春に、バーストしたジェネーカーの代わりに調達された、真新しいジェネーカー。

先生のジャイブをバウから撮影。

同じく、スターンから撮影。

11月末にしては、暖かくて適当な風が吹いてくれたので、ジェネーカーのアップダウン、ジャイブの練習がしっか

り出来ました。

生徒さんの一人ジャイブ。良く出来て居ます。

先生の指導は、昼食を挟んで約5時間。15時、マリーナに向かいます

ありがとうございました。


ヨット体験招待

今日は「太陽の家」から5人の人達をヨット体験に招待していましたが、朝からあいにくの雨。

でも、昼にはあがるとの予報なので、2時間遅れでスタート。

強くなったり、弱くなったりの気まぐれな風が吹く湖上を、3時間ほどセーリングを楽しんで貰いました。

このイベントも、もう10数年。また来年もお越し下さい。

ヨットを揚げ降ろしする様子を、珍しげに見ておられました。

 


子供達をヨットに招待

OYC(雄琴ヨットクラブ)では、20年前から、或る学園の子供達と先生を招待して、ヨットを体験して貰って居

ます。今年も皆さんを招待しました。

秋晴れの良い日に、無線機やジュースを準備してから皆で顔合わせ。

3艇のヨットに、協力して貰いました。

  

YvetteⅡ      ZERO     mugen

レスキューでパトロールの「ユキ」

毎年の御協力、ありがとうございます。

  

ヨットの上ではしゃぐ子供達。      「うみのこⅡ」とスライド。

  

午前のクルージングの後は、マリーナ雄琴に戻って昼食。

カレーに、唐揚げ、豚汁にリンゴ。美味しかった。

お替わりも自由でした。

それからまた、午後のクルージングです。

3時過ぎに、ヨット体験会の閉会式。

また来年も、みんなおいでよーーー。


こんな船が

先日、琵琶湖の「杢兵衛造船所」で見た不思議な船。と言うか、動く公園。

 

長年琵琶湖に出て居ますが、こんな船は初めて見ました。

新艇では無いので、何処かに浮かんで居たのでしょうが、何処に有ったのか?

この艇の目的は?ヨット仲間に問い合わせましたが、誰からも答えは貰えませんでした。

 これは、数年前に神戸沖で見た船。

その時は、コンテナが乗ってなかったので実に異様な船に見えました。

ところが最近になって、この画像を発見。

コンテナ船の、操縦席が変わっていただけだったのです。

クルージングにでると、必ず出会う「IMOTO LINE」所属でした。


ヨット洗い

いつもお世話になるヨット「HOI HOY」が、久しぶりに船底を洗うと言うので、お手伝いに。

37フィートのヨットは、陸に揚げるといっそう大きくなります。

ケルヒャーよりも、数倍強力なパワーで艇のハルは、みるみるうちに綺麗になります。

海のヨットは、貝が付くのでこんなに簡単には綺麗になりません。

来週は、このヨットに12人が乗ってレースに参加です。

 


ステップ修理

いつも乗せて貰う「MATHUSYOU」の、昇降階段のGUARDが弱っていたので修理をしました。

必然的に、高齢者が乗り降りする事になるステップなので、事故の無いように保全しておかなくては。

板とロープを使って、階段の昇降を安全にしました。

これで、当分は大丈夫です。


OYC総会

OYC(雄琴ヨットクラブ)は、マリーナ雄琴に所属する艇や人達の集まりで、ヨットを通じて、レースやクルージン

グ、ボランティアなどを催して、親睦を図る団体です。

先月も、OYC主催で「餅搗き大会」で楽しみました。

先日、年に一度のOYC総会が開催されて、昨年の決算報告と反省と今年の予定が話されました。

また今年も皆で、楽しい集まりが出来ますように。


« 過去の記事
最新の記事 »