カテゴリー: 友人

ピアノ披露会

友人が、孫娘の為にピアノを買ったと言うことでその、披露の会に呼ばれました。

 

高価な珍しいピアノらしいです。

ピアノの名手「よっさん」が弾き初め。

本人も、ギターとバンジョーを披露。

こんな音楽ファミリーも有るのですね。

音楽に緣の無い者は、ただただ感心するばかりです。


同窓会

昭和33年3月に、中京区の明倫小学校を卒業した75人のうち、17名が集まって、懐かしい会を楽しみました。

5年前に開催した時に、次回幹事を受けて居たので今回は世話役です。

  先ずは10人で学校見学。

祇園祭の地元だけに、鉾を模した玄関と二宮金次郎さんは、今も健在です。

しかし、現在は「芸術センター」として、若いアーティストを育するための貴重な施設として使われています。

   三本飾り

入り口       校庭

明治2年に「第3番小学校」として開校したので、随所に3本飾りが有ります。

八十畳敷きの、大広間は見事です。

他にも和室が有りますが、この日は使用中なので見られず。講堂も使用中でした。

釘隠し       格天井

    

珍しいスロープ    スロープから見る運動場   廊下

懐かしい写真を!

会場から参加の人を加えて、17人で開宴です。

個々に懐かしい話しに花を咲かせたり、全員が一言コメントをして、現況を報告。

あっと言う間の3時間の宴席でした。

七十四歳のじいちゃんばあちゃんは、またそれぞれの配偶者や子供や孫のもとに帰って行きました。

このような集まりに参加出来る環境に居られる事の有りがたさを痛感して、次回の開催時にも元気で逢えるように祈

念して・・・。

 昭和27年

A組の入学式      B組の入学式

  昭和33年

A組の卒業式      B組の卒業式

卒業時の先生方


持てる力を社会に

68年来の友人、高山さんから貰った案内で仲間達5人(みんな73歳)が出掛けました。

林学長が、基調講演。

その後全員が、甘利氏の司会でディスカッション。

我が敦ちゃんも、軽妙な口調で「言葉の持つ不思議な効果、弊害」を語りました。

この「ITC」と言う会は「我々の言葉ひとつで、人と人との対話は、良くも悪くも大きく変わりますから、話し方

をみんなで勉強しましょう」と言う主旨で結成されて居るのです。

高山敦ちゃんからのお誘いで、これまで10数年何度もこのような会に参加してきましたが、パネルデイスカツショ

ンは初めて。

みなさんとても良いお話しをしてくれますが、残念な事に、パネラー相互の討論が無く、自分の意見を話されるだ

けでした。

いろいろと、賛成や反対の意見を飛び交わして欲しかったです。

ITC次期会長に決定の敦ちゃん、ますますの活躍を見守っていますよ。

 

 

 

 


京都島原で宴会

小学校、中学校時代の友人とは、よく集まって宴会をします。

今回は先ず、琵琶湖畔の「レークウェストヨットクラブ」に有るレストランで、ヨットを眺めながらの昼食。

若い女性とか、カップルばかりの中で、爺さんが大きい顔をして食事です。

その後、近くの友人の家でパソコン談義。

 

暗くなってから、京都の島原に移動して「大門」をくぐって「旅館松栄」へ。

有名な「角屋さん」「輪違屋さん」のすぐ傍で、先日観た映画「輪違屋糸里」を、彷彿とさせます。

流石に平日、大きくてガラ空きのお風呂で、一時間以上も温まってから、今夜は「河豚尽くし」

仲間の一人がうまく手配してくれたので、格安なのになかなかよく出来た内容でした。

 

やはり仕上げは「河豚雑炊」みんな、お腹がパンパンです。

73歳、74歳ともなれば、みんながリタイアした年金暮らしなので、時間は有るものの、小遣いは少ない。

これからも、リズーナブルな集まりでゆこうな。

 

 

 


同窓会旅行初日

小学校、中学校、高校での同級生の仲間が50年もの間続けて居る飲み会の「ふろく会」

そのメンバー10人での、初めての泊まりがけ旅行が実現しました。

  飛騨牛の昼食

この企画を申し込み。8時に京都駅に集合。

   穂高連峰にはもう雪が。

バスの中で朝から呑み続けて、大正池に到着したら素晴らしい秋晴れです。

  このロープは、2.3メートルの積雪に備えての道しるべ

白樺の林を散策しながら「出会い橋」まで30分。

  

前後左右、どちらを向いても素晴らしい景色ばかり。最高の天候に恵まれたようです。

  

10人は、あちらこちらで記念撮影です。 

夕食はお寿司。富山のホテルでは、遅くまで宴会呑み続けて、一日目は過ぎました。


ミニ同窓会

秋晴れの土曜日、60年来の同級生が7人、岸和田に集まりました。

メンバーの一人が、胃がんの手術を終えて、無事に生還したお祝いに!!!

先ずは「国華園の菊花展」を楽しみます。

 

見るからに、時間とお金が掛かっていそうです。

  

素晴らしい「懸崖菊」

  

こんなミニ盆栽、よくやってみようと思ったことです。

   

作品を見ていると、気の遠くなりそうな時間の犠牲がよく判ります。

 

会場では、綺麗で安い花も売られています。

ちょっと強めの風が吹いて居る

次に訪れたのは、関空がハッキリと見渡せる公園。

 ちょっとだけカッコを付けました。

ギター2台と、バンジョウ1台で、青空コンサート。

 あんこう鍋セットを買いました。これ、1500円。

次は「和泉佐野とれととれ市場」を散策。全部を買いたいくらい安いです。

丁度、あんこうを捌く様子が見られました。

 

さあ、今日の祝賀宴会は「堺のかに道楽」

かに飯とかに茶漬けは絶品

かにも、お酒も美味しかったです。

3時間を楽しんで、記念撮影をしてから解散しました。

呑めない男が一人居てくれて良かった。帰りの車。

次は、来春にまた集まろう。

 


楽しい昼食

最近、我が家の周りには数々のホテルが乱立です。

どれがどんな名前か、とても覚えきれません。

その中のひとつのホテルで、友人父子お二人とうちの夫婦で、昼食を御一緒しました。

流石によくできた内容で、楽しく美味しく頂きました。


ミニ同窓会

もう、50年以上も続いているミニ同窓会の「ふろく会」の例会は、二人が都合付かずで8人で開催。

年に2.3回の開催では有るが、よくまあこんなに話しが有るものです。

美味しい料理と、飲み放題のお酒を吞んで食べて喋って。

大きな病気や怪我をした人も数人いるとはいえ、みんな実に元気です。

こうして、まだまだ何年もの間集まりが続けられますように。


ふろく会

中学、高校時代からの友人が10人集まって吞む「ふろく会」は、もう50年以上続いて居ます。

今は、年に2.3回の開催で、幹事は持ち回り。

昨年の10月以来の例会は、8人の出席でした。

祇園の「いなほ」と言う店は、愛想の良い美人女将さんが、いろいろと美味しいものを出してくれました。

気の置けない、楽しい仲間とのお喋りと旨い物が続いて、撮影忘れも・・。

散々吞んで食べた後に出てきたのが「アンコウ鍋」

全員が「えーっ、今からアンコウかいな!!!」

女将さんが「これくらいはいって下さい。〆にラーメンも有ります」

みんなハーイとばかりに、アンコウに取りかかったら、なんとぺろっと平らげて「女将さん、ラーメンを入れて」

散々吞んで食べて、大勢の人が集まる木屋町高瀬川の桜を楽しんでから帰途に就きました。

半分くらい飲み残しだったお酒をどうぞと言われて、持ち帰ってみたら、封を切ってないのが1本おまけでした。

女将さん、ありがとうございました。


椿大神社

三重県の「椿大神社」にお参りしました。

 

初めて聞く「椿大神社」の名前。

その割には、実に荘厳な重々しい雰囲気の境内です。

うっそうとした境内は、ヒノキの古木が何本も有り、心が静まります。

  

岸信介氏や、佐渡ケ嶽部からの奉納も。恵比寿、大黒さん。


« 過去の記事