カテゴリー: コンサート

西舞鶴高校

西舞鶴高校の吹奏楽コンサートの別室では、いろいろなクラブの活動の様子も紹介されていました。

若さがいっぱいの会場です。

大飯原発、高浜原発が近いのでいつでも「放射線量表示」が!!!

会場の隣の海上自衛隊の基地へ見学に行ったら、既に終了でした。

みんなで帰宅したら、お雛様が飾られていました。

娘の飼っている、うす色のインコの「ななちゃん」の篭に、我が家のブルーのインコ「リキちゃん」を入れてみたら、何と

か一緒に遊んでくれそう。

2週間預けるけど、おとなしくしていなさいよ。

 


高校生の定期演奏会

校長さんの挨拶から

孫娘が、西舞鶴高校の吹奏楽部で頑張って居るので、その定期演奏会に出掛けました。

 

1年生、2年生だけでも67人の大所帯がピッタリ音を合わせて居ます。

  

2年生の孫は、真剣な眼差しでホルンを担当。

書道クラブとのコラボで、音楽と書のパフォーマンス

今年はちょっと墨が多すぎたかなあ。可哀相。

 

オールディズからブルゾンちえみまでのメドレーは、うんと楽しませてくれました。

 

友情出演の、白糸中学、城北中学、城南中学吹奏楽部には、もう一人の孫娘もトランペットで出演。

 

フイナーレでは、全員が観客席で演奏。保護者にも内緒だったサプライズ。

玄関でお見送りの孫を見つけて、ばあちゃんが握手。

楽しい時間を有り難う。

3年生の8月にはクラブを引退して、大学受験の準備に入るらしい。

何にでも、いつでも、思い切り打ち込めるたくましい性格を身につけて頑張れよ。


年忘れジャズコンサート

今年の暮れは、清水利香ちゃんのジャズコンサートで締めくくりです。

ギター、ベース、ドラムに利香ちゃんのサックス。そこへ、浦千鶴子さんのボーカル。

知って居る曲が殆ど無かったにもかかわらず、実に楽しい3ステージでした。

とても好感度の高いドラマーさん、至近距離で観察させて頂きました。

休憩時には、みんなとお喋り。

観客の筈の、アンディーさんも思わずステージに上がり、バルーンアートを披露。

 この5人が、大いに楽しませてくれました  

ギタリストは、初対面とか。それでもプロは、見事に合わせていました。

外に出ると、祇園さんが綺麗にライトアップ。

2日後には、おけら参りで大混雑になります。

今年も無事に、歳を越せそうです。


クリスマスコンサート

ポスターが出来上がりました。

今年もマリーナ雄琴では、ヨットやボートを桟橋に繋いで、夕食宴会をしたあと、クラブハウスでコンサートを楽しみます。

サックス奏者の清水利香さんが友情出演してくれる予定で、ヨットマントラツペッターも練習中です。

 

マリーナ雄琴に、案内ポスターが。

僕も、宴会とイルミネーションの準備をしておかなくては。


清水利香ライブ

サックス奏者、清水利香ちゃんのコンサートに出掛けました。

今回は小さな会場で、限られた人達だけのプライベートコンサートなので、実に気楽に楽しい内容です。

僕の席も、演奏する利香ちゃんのすぐ傍で、ベスト特等席でした。

いろいろな楽器をマスターしている利香ちゃんは、この日は重いアルトサックスです。

ダニーボーイ

お客さんのOOさんのウクレレと唄に合わせる利香ちゃん。

美味しいお酒でした。


スティールパンのコンサート

   会場は阪急の六甲駅前

ドラムが6本     スティールパン

二時間のステージは、珠ちゃんのトークも弾んで大いに盛り上がりました。

バナナボート、祭、お祭りマンボ、さらばジャマイカなど、楽しい曲ばかりでした。

演奏を終えて、一緒にパチリ。次はいつ逢えるかなあ。


新派公演

新派の、水谷八重子、波野久里子が主宰する「華岡青洲の妻」を、大阪松竹座へ観に行きました。

和歌山出張の帰りに、毎回通過する「紀の川市」が、この物語の舞台なので、特に興味が有ります。

IMG_20170726_0001 IMG_20170726_0002老人クラブの割引招待なので、半額で入れてお弁当付きです。

有吉佐和子のこの作品は、何度もテレビや映画で観ていますから、内容は判っているけど、舞台ではどんなになるかが楽しみでした。

期待通り、良く出来た芝居でした。

麻酔薬の開発の苦労と、嫁姑の確執を判りやすく流してくれます。

原作の余分なところは省いて、流れをスムースに追い続けてくれるので、とても惹きつけられました。

休憩を挟んで三時間半の間、ずっと凝視です。

惜しむらくは、2代目水谷八重子の声が潰れていること。

しわがれた声で、声量も無いので聞き取り難いことこの上ない。

50年前の水谷良恵の頃「からっかぜ野郎」と言う映画で、三島由紀夫と共演してた時はとてもあこがれたので、今の衰えを見るのが残念です。

 

それにしても、おばちゃん達は、何であんにに喋るのかなあ。

幕間は勿論、幕が揚がってもペチャクチャペチャクチャ。前後左右で話します。

よほど怒ろうかと思いましたが、自分が怒られるかと思ってこらえました。


カントリーライブに

IMG_20170910_0002

京都へ、何度も来ている「YUMI GODSEY」さんのコンサートに出掛けました。

https://www.youtube.com/watch?v=yq51dvEvHQ8

https://youtu.be/V-8vOGmvK6A

パワーいっぱいのライブは、心を和ませてくれました。


GYAOのビッグバンド

170623_johnny KIMG0159

いつも楽しい演奏を聴かせてくれる「GYAO」のライブに、またまた行ってきました。

竹中さんのピアノ、アンディーさんのパーカッションとボーカル、それに利香ちゃんのお喋りで、2時間はあっと言う

間に過ぎました。

GYAOのコンサートではいつも思うのですが、あんなに素晴らしい奏者ばかりがいつも20人も揃ってよくまあ

50人程の聴衆の為にパワー満点の演奏をしてくれています。

もう、結成以来17年とか!

ここはいつでも撮影OKなので、家族や友人にも楽しみを分けてやれます。

これからもますます、みんなを楽しませて下さい。


演歌ショー

これまで「夢グループの演歌ショー」には、度々行ったが、京都市内での開催は初めてです。

AgXsHztrQTvOENZ1496887972_1496888025

ここ2.3年のコンサートで何度も聴いた歌手ばかりでは有るが、価格が安いし会場が近いので、思わず予約しました。

71歳の水前寺清子から始まって、74歳の橋幸夫、77歳の五月みどり、79歳の小林旭が、二時間半の間、懐かしい唄ばかりをたっぷりと楽しませてせて

くれました。

聴衆も勿論みんな老体で、昭和35年頃からの曲ばかりにも関わらず、一緒に唄っています。

それぞれの唄には、その時の頃を想い出が有り、みんなが青春に戻ったひとときでした。

歌手も我々も元気だからこそ、ステージに立てる、聴きに出掛けられる有り難いことです。


« 過去の記事