カテゴリー: コンサート

カントリーライブへ

50年の歴史をもつ、カントリーライブハウス「ホンキートンク」に行ってきました。

やはりここも、コロナの影響で苦戦しているようです。

常連さんの友人に「御協力お願いします」とのお触れが廻ったので、お付き合いしてきました。

バーボンを吞みながらピザを食べて、楽しい数時間を過ごしました。


ツインバロンコンサート

  

開演を待ちます。友人に誘われて「ツインバロンコンサート」に出掛けました。

チェンバロは聞いたことが有りますが、ツインバロンは始めて耳にします。

休憩中に、珍しい楽器の説明が有りました。なんとも不思議な楽器です。

2時間の演奏は、全て楽譜無し。見事なものでした。

ピアノの内部みたいなのがむき出しになっていて、その弦を「綿を巻いたバチ」で敲いて

演奏します。

皆が説明を聴きます。

 

傍のグランドピアノの中は、ツインバロンと同じです。

日本には5台しか無いと言うツインバロン。

これに全てを注いで居る人も居るのです。

 


堀川音楽学校

先日、近所に有る堀川音楽高校のコンサートに出掛けました。

高校2年3年の子供達ばかりなのに、実に素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

特に、ピアノとバイオリンは、音楽無知の僕も感動しました。

こんなにレベルの高い生徒が居るとは?

しかし経歴をみると、誰もが有名な先生に師事して居ることがはっきり。

親の財布がとても気になります。


ウクレレコンサート

友人が何人も参加される「ウクレレのコンサート」に行ってきました。

皆さんが楽器を持って、弾いて唄って踊られます。

とにかく、平均年齢の高いことに驚きです。90歳台の方に、80歳台も数人。

トリは、サックスの清水利香ちゃん。

美味しいビールを吞みながらの三時間、ゆっくり楽しませて貰いました。

 


ル・ベルベッツ

 

知り合いの人に誘われて家内と一緒に「ル・ベルベッツ」のコンサートに。

ベルベッツは、これまでにも何度か聴きましたが、今回の内容はミュージカル仕立でした。

単にいろいろな曲を披露するのでは無く、4人のメンバーがお芝居をしながら唄うのです。

ストーリーが進んでゆくのがなかなか面白い試みでした。

また、席が前から3番目の真ん中と言う事で、表情がよく見えるのも楽しかったです。

メンバーは、単独でも、いろいろなミュージカルに出演しているの頷けます。

4人でのトークも上手なので、ついつい引きこまれます。

ミュージカルの後にも、数曲を唄ってくれましたが4人の凄い声量には圧倒されました。

Oさん、チケットをありがとうございました。


二日連続で

18日は、地域の老人会のイベントで南座へ。

13000円の席が6500円で「なだ万の弁当」付き。これは行かなくては。

藤山直美が主演にも関わらず、喜劇では無くて、なかなかシリアスな芝居が4時間。

見応えの有る「道頓堀ものがたり」でした。

次回は、1月6日の「松竹新喜劇」10000円が5000円です。予約するかなあ。

19日は雨の中、邦楽の会へ。

琴、三味線、尺八のベテランの演奏をゆっくりと聴かせて貰いました。

いつもの太谷祥子さんと三好芫山さんは勿論、人間国宝の富山清琴さんなど、勿体ないくらいの人が出演されていました。

それらが理解出来ると、もっと打ちが有るのですが?


ウクレレコンサート

知り合いの人が出演される「ウクレレコンサート」に出掛けました。

ゲスト出演は、サックスの清水利香ちゃんです。

  

僕よりだいぶん年上のOさん御夫婦は、ボーカルとウクレレを何曲も披露されて、流石です。

ビールやチューハイを吞みながら、3時間、ハワイアンを楽しみました。

 利香ちゃんも、いつもの軽快な調べを・・。

どの曲にも、フラダンスが付きます。

20数曲を聴かせてくれた、15人ほどのアーティストさん、ありがとうございました。

 

 

 


ラテンコンサート

高校の同級生の三品君が企画する「ラテンコンサート」に行ってきました。

ラテンを通じて、日本とメキシコを繋いで居てくれます。

  門川市長は来賓です。

KBSホールに入ると、賑やかなラテンが聞こえてきます。

先ずは、エルマノスミシナ。

 

二人でハープ    トリオ      華麗なダンス

一般の人も参加してダンス

この二人のダンスも凄かった。

スタッフの女性とツーショット。良かった。良かった。


BAMBOO-JAZZ

  

いつも楽しいサックスを聴かせてくれる「清水利香ちゃん」が

BAMBOO-JAZZコンサートを企画しました。

 

夕焼けの綺麗な鴨川のほとりに座る、多くのカップルを羨ましく眺めながら会場へ。

 

開宴前の利香ちゃんと。

数時間前に家内が着付けした利香ちゃんの浴衣は、シャンとしていました。

休憩を挟んでの2ステージは、ビールや焼酎を呑みながら贅沢なひとときです。

利香ちゃんの、篠笛ソロ。

井上さんとの、篠笛の競演。

サックスと篠笛。

お待ちかね、利香ちゃんのサックス。

終演後に、奏者の撮影を見て居たら「おいでおいで」と誘われて・・・。

とうとう篠笛を持ってお仲間に入ってしまいました。

篠笛が主役だから、BAMBOO-JAZZだったのです。

みなさん、ありがとうございました。

長くお付き合いしていて、初めて利香ちゃんのサックスの規格を見せて貰いました。

FRANCE、LONDON、NEW YORKの文字が刻んで有ります。

いったい何処のサックス?

相当なレア物では有るものの、詳細は利香ちゃんもよく判らないとか?

 


森昌子

二月頃に「森昌子コンサート」のチケットを買ってから、年内で引退との発表が有りました。

十五歳でデビューして四十五年間、よくまあ第一線で頑張れたこと。

還暦で、切りをつけたのかな?

会場は賑やかに、早くから埋まって居ました。殆どがシニア。

ロームシアターの、この席は初めて。

なかなか眺めが良かったですが、肝心のステージは観にくいこと。三分の一しか観えません。

コントやヒット曲をおりまぜた二時間、ゆっくりと楽しませてくれました。


« 過去の記事