カテゴリー: 植木

植木の剪定

よくまあ、見事に伸び放題です。

綺麗になりました。これで11月までは大丈夫かな?


庭の木を剪定

例年の今頃は、お祭りに沢山の人が来られるので庭の木々をばっさりと剪定します。

しかし、今年も2年連続で参拝客、観光客を迎えないことになったので、簡単に切りました。

こんな状態を

これくらいまで。無理に高い処まで登らずしたの方だけにしました。

このような木をあと2本剪定します。

低い木は20本くらい有りますが、それらは日頃から切っているので安心です。

来年のお祭り前には、綺麗に刈り取ってサッパリした庭にして大勢の人を迎えたいです。


春の花

暖かくなったので、沢山の花が咲いてくれます。

  

都忘れ       マーガレット     ブルーベリー

  

ブロッコリー     つつじ      アブチロン

バンマツリ

これが翌日になるとこのように

この花の不思議は、紫で咲いてから白に変わります。

バックヤードには、紫陽花、さつき、アマリリス、ムクゲが控えて居ます。


満開

例年より早く春がやってきた我が家の花たちも満開です。

乙女椿       レンギョウ      水仙

  

アブチロン       春欄        六角柳

今日は「春分の日」です。

我が家のバックヤードには、次々と他の花が控えて居ります。


盆梅展で買った梅

長浜の盆梅展で買った梅が、綺麗に咲いて楽しませてくれました。

玄関に出して居たので、いろいろな人にも観て貰えました。

2月10日

買ってすぐに、大きい鉢に植え替えました。

2月18日

蕾が大きく膨れています

2月19日

チラチラ咲き始めました。

2月20日

8分咲き

2月22日

満々開です。

2月23日

2月24日

2月25日

2月26日

3月1日

散り始めました。風が吹くとハラハラと落ちます。

3月2日

こうなるともう、バックヤード行きです。よく咲いてくれました。

さあ、長浜で貰った「梅のお手入れ方法」を見て、キチンと世話をして、また来年咲かせなくては。

 

 


蟹サボテン

昨秋、高島市の親戚へ寄った時に「蟹サボテン」が余りにも綺麗に咲いているのを見ていたら

「持ってかえるか!」と言ってくれました。

我が家で2ヶ月ほど楽しませてくれて、今はもう葉っぱだけです。

今年の秋も綺麗に咲いて欲しいので、しっかりと手入れしてやらなくては。

9月25日には、葉の芽を摘んでやらないといけないそうですが

何で9月25日なんかな?


模様替え

玄関前の植木を入れ替えてみました。

ピラカンサス

何年も掛かって、横へ横へ伸ばしました。

1年に3.4センチは伸びます。余計な処から出た芽は、早めに摘みます。

六角柳

六角堂の境内の立派な柳と同じなので、大きくなるのを楽しみにして居ましたが

一昨年に一度枯れかけて、やっと再起してくれました。

本物の六角柳

バンマツリ

毎日、次から次へと咲いてくれます。

咲いた時は紫色で、その後白く変わります。その為か花言葉は「浮気な人」

昨日までは、緑一色の「金のなる木」だけをビッシリ置いてました。

なかなかホントの金は成りません。


数十年前に、信楽焼きの狸が欲しくて信楽に行ったところ想定外に高かったので断念。

悔しいから傘立てを買って諦めました。

最近、これを倒して割ったのでつぎはぎになりました。

思いがけず安かったので訳ありかも?

先日やっと、数十年来の希望が叶って「信楽狸」を入手。

庭に置いて見ました。

八幡さんの灯籠の傍に。


ブルーベリー

今年の春に、友人から貰ったブルーベリーは、二五粒くらい食べられました。

その木が、グングンと枝を増やして居るので、鉢を大きくしないと・・・。

そうしたら、来るんの収穫がまた増えるかと?

よく育ちました

貰った時の葉は濃い色。薄い緑いろの葉は、ここ二ヶ月で増えた枝です。

 

ピートモスと鹿沼土と、新しい鉢を揃えて、腐葉土と一緒によく混ぜます。

ブルーベリーは、酸性の土を好むらしいので、土の中にピートモスを3割くらい入れます。

土塊を壊さないように前の鉢から新しい鉢に移して、準備した土を入れて出来上がり。

さあこれで、来年は50粒以上食べられるかな?


咲き始めました

紫陽花3種。あと5株程有りますが、それは全く咲いてくれません。

 今年も綺麗に咲きました。

2015年7月2日に、舞洲ゆり園へ行ったときに買った二株の内の一つ黄色です。

同じ月の白いゆりは、元気が無くて、開花にはまだ10日以上掛かります。

 

サボテン       露草         ブルーベリー

 

アブチロン        夏刈り込みも出来ました。

  蕾が何十個も控えて居ます。

クチナシの初一輪は両親に。そして、父にはウイスキー、母にはコーヒーを。

控えに待っている他の花たちも、そのうちに咲いてくれます。


« 過去の記事