壬生寺の節分祭

我が家の新年は、大晦日の車折神社へのお礼参り、元旦の初詣。

十日恵比寿、節分詣りを済ませて一連の儀式を終えます。

四条通から、屋台がビッシリと並んだ壬生寺道を南へ南へ。

嵐電の踏切は、年に一度だけ賑わいます。

 ここでは、毎年御詠歌があげられています。

立派な門をくぐって本堂へゆくと、いつものように沢山のお鏡さんが供えられています。

いつものように、壬生だるまを求めて、昨年のだるまを返します。

開演前に撮影

珍しく「壬生狂言」に、並ばなくても入れたので「節分」を50分間鑑賞しました。

25年前の年賀状は、壬生さんの事を書いていたのを思い出しました。

年に一度、節分に見せて貰う、きんつば焼き。今年も元気に、壬生寺にお参り出来ました。

萬木 寛次さんの投稿 2017年2月3日金曜日

壬生寺道には、有名な「きんつば屋さん」が。凄い売れ行きですが、大盛況も年に一度だけ。

これは、2年前の動画です。

壬生さんの帰りはいつも「元祇園さん」へもお参りです。

今日も、ひっきりなしにお神楽が奉納されています。

今年も元気で、一年が過ごせますように。


»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む