常神半島でお魚を。

大火勢祭の翌日は、新鮮な魚の活け作りを楽しみに常神半島へ行くのが恒例になりました。

エスペンランサさんが走ってる

沫那美神には、4人が乗って10時出港。

青戸大橋が綺麗。

蘇洞門巡りの観光船が行き交う奇岩を見ながら2時間半のクルージング。

稼働中の大飯原発      常神に着きました。

「源」さんのおばちゃん、いつものように最高の笑顔で迎えてくれました。

 

イカにもずく     スズキ      石鯛

ホントの直前に捌いてくれるので、まだ動いています。

蛸         南蛮漬け      ウニ

ウニの針も動いて居ます。

往きも帰りも、もの凄い暑さでしたが、美味しい魚を食べたので満足。

大飯マリーナへは4時半に帰港して、京都へは7時の帰宅。

沫那美神さん、あさごはんさん、エスペランサさん達、大飯マリーナの皆さんありがとうございました。

アラ煮きが楽しみです。

石鯛とスズキのアラを貰ってきました。

帰途に、朽木村で釣りたての鮎が手に入ると聞いて立ち寄りました。

流石に天然物、頭から尾っぽまで背骨がスーと抜けました。

養殖物が多かったので、ここしばらくは途中で折れてばかりでした。

しかも味が濃い。

またまた今夜も、ビールが美味しかった。

 

 


«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む