ビワマス釣り

ビワマス釣りの許可証を持っているのに、全然釣れてないまま、6月30日には禁漁期間になるので、MATSUSYO

Uのオーナーと二人で出掛けました。

良く晴れて、乾いた空気で湖上は最高の条件です。

釣り水域に向かう途中、杢兵衛造船の前に、観測塔が横たわる可哀相な姿が見えました。

 

解体のよう     在りし日の観測塔   撤去後の後始末かな?

この形の観測塔は、琵琶湖に3個有りますが、全て無くなるそうです。

水深50メートルから60メートル辺りへ着いて、許可証を2枚掲げて仕掛けを入れます。

1時間くらいで、相棒の竿がしなって、揚がってきたのは45センチ。やりました。

その後、2時間ほど頑張ったけど、15センチと20センチなのでリリース。

僕は、サンマみたいなのが一つ揚がったけど、やはりリリース。

でも、獲れる事が判ったので二人とも大満足でした。

今月末までには、あと一回くらい出られるかな?

またレースで逢いましょう

帰途には、Sさんがいつものように一人で、のんびり楽しんで居ました。

 ドラゴンという、かつてのオリンピック艇です

マリーナに戻ったら、こんな珍しいヨットが有りました。

外部の脚立から写させて貰いました。

まあなんと、ややこしそうなコックピットです。


«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む