日吉大社の神輿上げ

3月3日は、日吉大社さんの「神輿上げ」

 こんもりとした八王子山に、日吉さんの奥の院が。

京阪電車の、坂本比叡山口に降りたって、穴太衆の石垣を左右に見ながら登ります。

赤鳥居に一礼してから、東本宮へ。その隣には、大勢の人達が集まっています。

長い青竹で押されて。

2基の御神輿が、神官の前触れ御祓いの後に続いて、山道に差し掛かります。

どの曲がり角にも、御祓いの跡が

前に張られたロープで、中学、高校の若者が勢いよく曳いてくれるので

担ぐ大人達は、持ち上げる事だけに集中出来るのです。

奥の院から見下ろす琵琶湖

全員が「ワッセワッセ」と大声を挙げて、約一時間で381mの奥の院まで上げます。

最後の石段は、道巾が狭くて急坂なので、一番の難所です。

 総指揮の人が、インタビュー

先の御神輿は「牛尾宮」で、男の神様。北側のお堂に収められます。

日頃は入れませんが、この日は中で拝礼できました。

後の神輿は「三宮宮」で、女の神様。南側のお堂に入られます。

ここで一月の間、一年ぶりの再開を果たされるのです。

そして、4月12日の夜、2基共が松明の灯りを頼りに下の本殿まで降ろされます。

その後、陣痛を表す「神輿落とし」の荒神事も行われます。

フウフウ言いながら登りました。

帰りの電車には、こんなに可愛いデコレーションが。


«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む