八幡山のお社

八幡山のお社は、何年前に建てられたのか?記録が無いので判りません。

総白木造りで、屋根は厚い檜皮葺。それを保護する為に、丈夫な雨除けの屋根がしつらえられています。

しかし最近は、白木部分の退色と汚れが顕著になり、皆さんが木にされていました。

また、欄干も一部損傷しておりそれが進みつつ有る状態でした。

そこで、業者さんに依頼して洗い加工と修理をして貰うことになりました。

  

御本尊様には一時移って頂いて、懸け布も取り外して。

 

 

僕の6歳頃からの記憶では、それ以後に洗われた事は無いので、よーく汚れています。

業者さんは、二人でまるまる二日間掛けて、機械や薬品を使いしっかりと洗ってくれました。

次々に綺麗な木の地肌が出てきます。

 

欄干も綺麗直りました。

 

気持ち良く洗いと修理が終わり、御本尊様に戻って頂いて拝礼。

これで、平成の大修理を終えて今年のお祭りが迎えられます。

 


«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む