「信州小諸へ」その2

一夜明けて二日目の朝食も全て手造り。感謝感謝です。

いつもの朝食よりも3倍くらい有ります。この美味しい物量が後日後悔のネタに。

 小諸の街が一望です

今日は、雨が降る中を、標高2000メートルの高峰高原へドライブ。

人も車も少ないのが嬉しい。

頂上に有る温泉宿。今日は素通りです。

メルヘンチックな山羊小屋。

峠を越えて、東御市に下りると有名なチーズ工房「アトリエ・ド・ロマージュ」が。

店舗の庭に有る可愛い実を付けたリンゴの木は、我々には珍しいものです。

大勢の人が並んで居て、とても食事は出来ないので、アイスクリームだけ食べて失礼。

それではやはり信州と言えばお蕎麦。

20分並んだ「草笛さん」は、シコシコと美味しいお蕎麦が山盛りでした。

並盛りなのに想像の四倍も有ったので、みんな苦労して食べました。

それから次は上田市の有名な飴屋さん「みすず飴」へ。

沢山の人の中でお土産を買って、画像はこの一枚。

アンティークなお店は、老舗の雰囲気がそのままに。

  小諸市高原美術館

何でも見たがり屋は、ギリギリまで動きます。

小諸市出身の画家や写真家の作品が、常設展と特別展として展示されています。

建物も作品も見事なもので、圧倒されました。

とうとう日が暮れて、夕食は小諸駅前の天ぷら屋さんで。

お昼のお蕎麦がこたえて、沢山のごちそうなのに完食出来ずに残念。

これらが影響して、帰京後は4キロのウエイトアップでした。

これは大事件です。


«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む