ボツリヌス注射

20数年前から眼瞼下垂が始まり、視力は良いのに瞼が落ちるので物が見れないという

困った病気になりました。

その後、京大で手術、北野病院で診察、信州大学で2回手術。

(これらの手術は、美容整形と同じなのですが、僕は治療だから保険適用内)

それでも解決せずに兵庫医大へ行ったのが平成20年。

そこでは、過去にも受けた事のある「ボツリヌス注射」を、過去の5.6倍の薬量を使ってくれました。

京大などは、眼の周りに4回くらいの注射でしたが、兵庫医大は一度に20数回打ちます。

その代わり、痛い思いを20数回しなくては・・。それを半年に一度。

クリームのパッチ

2年前から「エムラクリーム」なる物が開発されて、注射の前に30分間それを貼ると

少々痛みが和らぐので、こんな状態で30分じっと待ちます。

友達にこの画像を流したら「何やこれ」と、誰も判らず。

今回は2ヶ月前に薬が切れる半年を迎えて居ましたが、コロナの為に控えて居ましたが

どうにもならなくなって、仕方無く兵庫まで出掛けました。

これでまた、半年は何とか瞼が楽になります。

打ち始めた頃は、保険が利かなかったので8万円から9万円を支払っていましたが

途中から保険が適用されて有り難い事です。

どの人の横にも体温が

兵庫医大の玄関では、このような新兵器がありました。

入ってくる人達の画像全ての上に、体温が数字出表示されます。

赤とか緑のサーモグラフィーより、確実です。

そしたら偶然、昨夜のテレビで「アイリスオーヤマ」が開発したと言ってました。

日本人の英知で、早くコロナを征伐して欲しいです。


«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む