京都岡崎「七宝記念館」

以前から一度覗きたかったものの、いつでも行けると言うことで延び延びになっていましたが

七宝記念館にやっと出掛けました。

  

  

七宝焼きの作品を観るのだと思って居たら、何と記念館そのものも必見に値する物でした。

七宝焼きに生涯を費やした並河氏の住まいと工房が、そのまま記念館になっていたのです。

作品の展示は少なかったので、建物を楽しませて貰いました。

  

玄関       客間        走り(台所)

  広くは無いが、よく整った庭です。

勿論、後の世に公開されるとは予想もせずに造られたのでしょう。

 部屋からこうして庭を楽しんだことでしょう

敷石や瓦も凝っています。

表札を見てびっくり

小川治兵衛と言えば、あの庭師。無隣庵とか円山公園、平安神宮の庭を造った人。

お住まいが記念館のピッタリ西隣です。勿論、この庭も小川治兵衛さんの作でした。

50年前、我が家にやって来た七宝焼き。

このようなのが沢山見られるかと居っていましたが

ここのは「有線七宝」ばかりで、拍子抜けでした。

 


«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む