久しぶりの東京その5

昭和39年春から昭和44年末までお世話になった「丸十小泉東京支店」の、先輩や同輩、後輩の人達との

懐かしい出会いです。

全員が独身寮に住んで会社に通って居たので、朝から晩まで何もかも一緒でしたから、深いお付き合いになります。

同期入社のT君

僕よりも後輩なのに、大変立派な頭の人も多いです。

社員は、殆どが京都、滋賀の出身でしたが、皆さん東京近辺に落ち着いています。

今回は京都から僕が、滋賀からもう一人が参加しました。

 全員でパチリ

学校の同窓会と同じく、何年のブランクが有っても、逢った瞬間に過去に戻れる楽しい仲間です。

ライバルとして売り上げを競ったり、力を合わせて大きなイベントに臨んだり、毎晩毎晩麻雀をしたり。

彼らの顔を見ていたら、次々にいろいろな想い出が浮かんで来ます。

「万商ビル」は建ちません

僕の退社時に、皆が書いてくれた励ましの寄せ書きを持参して見て貰いました。

来年は泊まりがけでの開催と約束して、後ろ髪曳かれつつ、東京駅に向かいました。

大変お世話になったTさん父子と、懐かしい同僚さん、ありがとうございました。


«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む