先ずは畝一本を仕上げ

先日から、トウモロコシとトマトを植えて居た「畝」の整備をしていたところへ

牛糞、蛎殻石灰、すくすく(腐葉土)、888(肥料)を撒いてかき混ぜました。

 

 畝が一本出来ました。

それからは、残った雑草を取りながら畝の形になるように均します。

これで、石灰が定着する一週間後にはここに大根とネギを植えます。


«
»
 

トラックバックURL

コメント(2)

  • ちはやママ より:

    お、秋の陣が始まりましたね。

    台風の前に大量の肥料を買って、
    車庫や倉庫の入り口の補強に使いました。
    台風も無事通り過ぎたので、こちらもそろそろと話しています。

  • mugen より:

    CHIHAYAママ、コメントをありがとうございます。
    夏野菜は、終了寸前の茄子を残して全て終わり。
    大根、キャベツ、白菜、ブロッコリー、ネギのための下地造りに掛かって居ます。
    体力的には、大きい場所は無理なので、今の畑が最適です。
    その名も「京都市老人園芸広場」ですからね。
    無料で借りられて、道具や水道も沢山備えられて、休憩所やトイレも有るので有りがたいです。
    但し、二年ごとの抽選会に当選しないと。
    来年の3月がその抽選日。
    外れたら2年間どうしようかと?
    豊後大野まで通えるなら、小さな畑は借りられるでしょうがねえ。

コメントを書き込む