元旦の初詣

元日の初詣は、亡き父の頃からその歳の恵方に向かってお参りに行きます。

息子の家族4人と共に、2019年の恵方の東北東に向かってお参りに向かいました。

  先ずは鴨川沿いの「だん王さん」

正式には「檀王法林寺」ですが、だん王さんと慕われてます。

本堂へも上げさせて貰ってのお参りが出来ました。

 

次は「熊野神社

  

ここでは、一年間神棚に供える「お札」を求めました。

 大きく育った孫と両親

初詣の梯子の次は「金戒光明寺」通称「黒谷さん」です。

三重の塔まで登ると、京都の街が一望です。

 

アフロ髪の仏様     お江様のお墓

お参りの梯子の締めは「岡崎神社」です。

ここは、兎がお祀りしてあるので猪の今年は、参拝客が少なくて助かります。

家の近くまで戻ると、何と何と大行列が!!!

そうです。自宅から徒歩10分に有る「御金神社」

数年前までは、年中ひっそりとしていたこの神社は、突然に人気が出ました。

この行列なら、お参り出来るまでには、一時間以上掛かりそうです。

今年のおせち

我々は、御金さんにはいつでもお参り出来るので、とにかく帰宅して夕食です。

大学1と高3の孫は、流石によく食べます。

大1は、もう20歳になっているのでビールもどんどん。

6人は、たっぷり時間を掛けて、思い切り食べて吞んで。

こうして元日は無事に過ぎました。

 


«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む