二連チャンで琵琶湖へ

SOME DAYさんからのお誘いで、土曜日に続いて日曜日も琵琶湖へ。

  

遅い今年の夏ではあるが、やはり強烈な太陽光が注ぐ湖上をセーリング。

元ディンギー乗りのRちゃんが、思い出しながら練習です。

  観測塔跡辺りで昼食休憩と湖水クールダウン。

ビワマス釣りは、いつもこのブイから北で仕掛けを流します。

ここで面白いお客さんに出合いました。

1500CCくらいの高そうなジェットに乗った若いカップルが近づいて来て

「すみません、ここは何処ですか?西へ帰りたいのですけど・・・」

何処から出て来たの?近江舞子です。舞子はあの白いビルの少し右に向けたら帰れるよ。

ちゃんとお礼を言って帰っていったけど、30度ほどずれた、白髭の岬に向けて走って行きました。

西も東も判らないのに、琵琶湖の真ん中までくるとは!!

舞子までは、だいぶん時間が掛かっただろうなあ。

途中で燃料切れにならなければ良いのに?

今朝の新聞には載ってなかったから大丈夫だったみたい。

しかし、同時刻に近江舞子で1人が溺れて無くなっている記事が有りました。

  

帰途はそよそよと追っ手が吹くので、ジェネーカーの登場です。

新しい綺麗なジェネーカーは、パリパリと気持ちの良い音がします。

ディンギーなので、舵とメインシートしか知らないRちゃんが、ジェネーカートリムを。

スカートをはいた、トリマーです。

猛暑ながら、オーナーさんの活躍でジャイブを何回か繰り返しながら、マリーナまで帰れました。

20分間くらいの通り雨も有り、楽しい経験いっぱいの一日でした。

SOME DAYのHさん、Sさん、Rちゃん、ありがとうございました。


«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む