カテゴリー: 観劇

劇団コロッケロッカー

IMG_20160310_0001 IMG_20160310_0002

もう10年以上も前から、いろいろな大学の劇団の公演に度々お邪魔して、学生さんの劇を楽しませて貰っています。

先日も「シンデレラクライシス」を観て、感激しました。

年に数回ですから、これまでに三十回以上は観てきましたが、今回のはその中での秀逸。

出演者のレベルが高くて、しかも全員が同じレベルなのでしっかり出来上がっていました。

脚本も学生さんが書いたらしいが、実によく出来て居て、引きこまれたままの九十分でした。

時々は、あまり面白く無いからもう観るのをやめようかと思った時も有りましたが、こんなに素晴らしいのに出会うと

またまた行かなくては。


有頂天旅館

七十歳ともなれば、大きい顔をして「老人会の観劇」に参加出来ます。

夫婦二人、南座の7月公演「有頂天旅館」に、老人割引き価格で行ってきました。

IMG_20150715_0001 IMG_20150715_0002

歌舞伎を除いて、今まで観た中ではベストの出し物でした。

ストーリーも、スタッフもなかなか楽しくて、いつの間にか2時間半が過ぎます。

IMG_20150714_0002 昨日の京都新聞でも、良い評価を。

割引の客が何人か居るとしても、満席の南座はとても賑やかでした。


大学生の劇

IMG_20150628_0001

同志社大学と、京女大学の演劇クラブの公演は、何度も鑑賞しています。

今回のは、なかなか判りやすく楽しくすーーっと受け入れられました。

新人公演らしく、溌剌として、元気いっぱい。

またまた楽しませて下さい。


「Kの昇天」

大学の演劇クラブの公演に度々お邪魔して、楽しんでいると、次々に「次回の出し物」や、他校の予告チラシの情報が入るので、ついつい行ってしまいます。

今回は、何度か行ったことの有る「京女大」へ出かけました。

IMG_20150313_0003 IMG_20150313_0004

Kの昇天」は、梶井基次郎という人の原作で、そこそこ有名な作品らしいが、僕は知らなかった。

1426228540343 開演前なので、撮影は良いかと思ったが、これを撮ってから注意された。すみません。

50分の短編で、出演者は3人。とても難しい内容で、はじめから終いまで判らないままに過ぎた。

よくまあ、こんなに難しい劇を取り上げたものだ。

先週に行った、同女大の「ヒコーキが飛んだ」は、150分のロングで有ったがぐいぐいと惹きつけられてあっという間に終わった。

次回は、のんびり観られる作品に当たりますように。


最新の記事 »