アーカイブ: 2020年12月

Googleマップ

またGoogleから、僕の前月の移動記録が届きました。

キッチリ正しく記録されています。

渋滞情報や、GPS替わりになるので、自分の位置情報をONにしているので

当然と言えば当然ですが、感心すると共に怖い世の中です。

科捜研の女の沢口靖子から疑いを掛けられたときは、アリバイに使えるけど・・・。


ブロッコリーの収穫

小雪のチラつく畑へ、冬野菜の様子を見に行きました。

ブロッコリー、ネギ、白菜、大根、キャベツを、順番に点検です。

白菜        ネギ

キャベツ      大根

 

ブロッコリーは、真ん中が大きくなっていたので収穫。

獲った跡。これから周りのブロッコリーがドンドン大きくなります。

 


八幡山の行司さん引き継ぎ

祇園祭八幡山では、毎年のお祭りを取り仕切る「行司さん」の引き継ぎが

12月13日の「事始め」に行われる事になっています。

今年はコロナの為に残念な事になりましたが、来年こそは盛大なお祭りが挙行出来ますように。

     

2020年の行司さんから2021年の行司さんへ。

 いろいろと確認事項が有ります

もろもろの資料を引き継いだ行司さん達は「主行司さん」のリードの元

来年一年間、八幡山の全ての神事を執り行います。

新行司さんの仕事始めは、1月1日に町内の皆さんが勢揃いして神前の詣でたあと

新年の挨拶を交わす「新年拝賀式」の準備です。

引き継ぎを全て終えて、来年のお祭りについて歓談。

とにかくコロナが治まってくれないと・・・。


今シーズン2回目のビワマス釣り

12月1日の解禁日以来、2回目のビワマス釣りに出ました。

今日の「spirit of yyc」さんは、3人の乗船です。

9時に出港して、ポイントまでは一時間。10時から3時まで竿を3本流しました。

ビワマス釣りの筈なのに、仕掛けを5時間流して、ビール吞んで弁当食べただけ。

一回だけ辺りが有って、10メートルのところまで寄せたのに暴れられて行方不明。

冬の早い日暮れは、急に冷え込みます。

湖上を、カヌーの一団が帰って行きました。

あああ、坊主か。今日も残念。

仕掛けを持ち帰ったので、一から見直ししてみます。

6月30日の最終までに、ホントに釣れるのかなあ。


箱館蕎麦を食べに

例年、真冬の3ヶ月しか営業しない箱館山のお蕎麦屋さん「鴫野」が

12月10日にオープンしたので、友人達と11日に行って来ました。

蕎麦畑と竹生島の写真が

昼から少し時間をズラしたからか、並ぶ事は無くスーッと入れたのはラッキー。

旨い蕎麦といえばザルが当たり前だけど、この時期は温かいのが良いなあ。

まあまあの味でした。京都から走ってゆく程の事は無いかも?

鯖寿司はなかなか美味しかった。でも、朽木の物でした。

帰りには、メタセコイアの並木道へ。

  

この素晴らしいメタセコイアは、40年前に植えられたものとは!!!

石炭の原料の木は、何世紀も前からこんなによく育ったのでしょうか。

ここは、四季折々大きく景色がかわるのが面白いです。

 

ピックランドのカフェでコーヒーです。550円はちよっと高いーーー。

秋の陽はつるべ落とし。帰途に就く頃にはもう暗くなりました。


お薬

これが、毎日お世話になっているお薬のケースです。

50才くらいで高圧剤を呑み始めてから、次々と薬が増えて、数十回通った献血にも断られる事になりました。

昼食後に4個、夕食後に4個、食間に一日3回の薬は、心臓、腎臓、食道炎、痛風などの為です。

何とか、これらの薬のおかげか、何をするにも不自由なく動けて居るのは有りがたいことです。

後期高齢者になり、医療費の個人負担が安くなったのが嬉しいですが

子供達や孫達の給料から出て居ると思うと気になります。

 


今年11回目の大文字山

11回目は、ガラッと変わって山科から登りました。

 山科駅から毘沙門堂まで20分。そこからは山道です。

  

凄い倒木が続きます       砂防ダムも効果が無いみたい

1時間50分で大文字山三角点に到着。距離は長いけど、穏やかな登りです。

この眺望はいつ見ても素晴らしい

465mでの昼食は、味噌汁、コーヒー付きです。

帰途は哲学の道へ一時間で降りられました。

叶匠庵門前

ここはまだまだ紅葉が綺麗なのに、コロナの為か人が居ません。

叶匠寿庵も、コロナの為に休業中。

暑くなく寒く無く爽やかな大文字山、今年はこれでおしまいかな?

まだまだ未体験のコースが有るので、来年も・・・。

 


落花生

数年前に、落花生の実の成り方が珍しいと聞いて一度は見たいと思って居たら

野洲市の友人が落花生を植えて居ることを知り、10月に見せて貰いに行きました。

一旦上に伸びた枝がまた、土に向かって垂れ下がり土に刺さってそこに実が成るとは!!!

10月22日の様子

その後、収穫の次期が来たとの連絡を貰ってまた出掛けて、沢山の寝付き落花生を貰ってきました。

11月19日の収穫

枝から殻だけを外して、殻を剥いて実だけに

大文字山の「椎の実」も一緒に

火加減と煎り加減を見ながら20分振りづけて、やっと完成。

市販の落花生と同じ味と歯ごたえなので、成功かな?

しかし、こんなに手間を掛けて市場に出ているとは思わなかったので、栽培農家には感謝です。


大津港レース

年内最後になるヨットレースは大津港で。

いつものHOI HOYに、10人が乗り込みました。

 

2時間のレースは終始微風で、しかも風が止まりかけたり・・・。

37フィートのHOI HOYは、ファーストホームが当然なのに

シングルハンドの「風見鶏」さんにやられて、実に残念。

すぐ横を抜き去ってゆく風見鶏。

水面下の藻の大群との闘いも有ったのでやむ無しです。

2着ながら、7位のビリです。

レース後の昼食は、この宴会船で河豚鍋です。

三密を避けて風除けを開けましたが、暖かくて助かりました。

先日のビワマスも、刺身でみなさんに出しました。

美味しい物とお酒、ビールをいっぱい積んで大津港を出港した船は、南下して瀬田川へ。

 

オペラハウス   プリンスホテル   瀬田の唐橋

宴会船内では、「ヒレ酒」に、ビワマスの刺身とてっちりです。

ゆっくりと小一時間掛けて、石山寺までを往復しました。

近江大橋までは一般の船でも行けますが、その先は観光船の許可を持たないと行けない。

この艇は観光船なので、堂々と南下出来ました。

レースでは苦杯を嘗めましたが、昼食は風見鶏に勝ちました。

HOI HOYのみなさん有り難う。


町内会の大ゴミ回収

我が町内では、10年以上前から大形ゴミの協同回収を行って居ます。

今年も町内の全戸から大ゴミを集めて、業者さんに引き取って貰いました。

個々に出して居ると、とても費用が嵩みますが、こうして町内の費用で回収して貰うと

費用と手間が大変節約できます。

 

朝8時30分から、いつものガレージに、次々とゴミが集まります。

 

集まった物から次々に、トラックに積み込まれてゆきます。

20人以上の皆さんがお手伝い。

ゴミの量の多いお宅や、女性所帯のゴミの運搬を皆さんでお手伝いしたので、お昼過ぎには全て完了。

これで気持ち良く新年に向かえます。

今年日僕が町内会長なので、事前の準備から当日の段取りが気がかりでしたが

無事に終えられてホッとしています。


« 過去の記事
最新の記事 »