アーカイブ: 2019年4月8日

お花見クルージング

4月4日に行った、沖島お花見クルージングは、まだまだ咲いて無くて、今日は再度の挑戦です。

ビールコーヒーを吞みながら北へ北へ

琵琶湖デイセーラーズのメンバー6人が「YvetteⅡ」さんに乗って、9時30分にマリーナ雄琴を出港。

  

4日前とは大違いで、遠くから桜のピンクが見えて居ました。

穏やかな春の日差しを受けて、2時間で沖島です。先ずは、長い突堤の桜が迎えてくれます。

  枝垂れも有ります

ヨットから見た桜並木。一番よく咲いて、形の良い桜の下に陣取りました。

  お湯を湧かす人

チーズとトマトを準備してくれて居る人。

  鮒ずしも買いました

おつまみも味噌汁も用意出来たので開宴です。

  島のあちらこちらに、満開の桜

満腹になった6人は、島内観光へ。

車が一台も無い、小学生が二人だけの島内をのんびりと散策。

この小学校には、本土から毎日通学する子供が15人居るとか。

沖島資料館へ。

源氏の落ち武者7人を祖先に持つ人々の、長い沖島の歴史を、91歳の解説員さんから聴きます。

入館料200円は、ちょっと高いなあ。

   

2時半に、沖島を出港して帰途に。

後から9knotの風に押されて、暖かく快適に走ったので、2時間かからずにマリーナ雄琴へ帰港しました。

沖島花見の、雪辱航行は大成功でした。