アーカイブ: 2018年9月18日

周南ピースヨットレース後半

明けて17日は、いよいよレース当日。

本部の人達心尽くしの豚汁等の朝食を頂いて戦闘モードです。

8時から艇長会議。豪華クルーザーの本部艇を右に見て、10時丁度のスタートです。

微風では有りましたが、36フィートの大きなSailor`s Moonを、4人で扱うのは大変でした。

苦労しながら、最終レグではスピンも展開。

でも、ジブセールをすこし破ってしまったのが残念です。オーナーさん、ごめんなさい。

先ずまずの成績にみんな満足です。

帰りは、フェリーで本土へ。

さあ、帰りは数少ない島廻りのフェリーに乗って本土に渡らなくては。

徳山に近づくと、大きなコンビナートが見えます。

 

この炎は、何の為に?多すぎるガスは、生のまま放出出来ないので、燃やしてから逃がす?

ほんまかいな。

忌まわしい想い出「人間魚雷回天」の基地が有ったので、徳山駅前には、模擬の「回天」が展示されて、悲しい解説

が表示されていました。

爆弾満載の、こんな乗り物に一人乗って、敵艦に体当たりに行くなんて・・・。

毎年一回は、関係者や遺族が大津島に集まって慰霊祭を催されるそうです。


周南ピースヨットレース前半

今年も参加しました。周南ピースヨットレース

15日の夕方に別府に入って、いつもの「海門寺温泉」に浸かって、やなぎやで夕食。

姫島をゆっくり見られました。

一晩泊まってから、翌朝7時に5人でSailor`s Moonに乗り別府を出港。

良い風が吹いたのでセーリングしながら

韓国の巨大な自動車運搬船に、前を切られました。

周防灘では、本船航路を2本横切らないと周南に行けません。大きな船を避けながら航行です。

14時30分に周南の、大津島の本浦港に入港。

前夜祭では、海上保安庁から「安全講習指導」が有りました。

艇の傍でバーベキュー。お肉と酒がドンドン減ってゆきます。

遅くまで宴会は続きましたが、海洋センターのお風呂を貰って、エアコンの効いた部屋でぐっすり。