アーカイブ: 2018年8月28日

ハウステンボスヨットレース

レースのスタートは9時30分なので、8時30分に出港して、レース海面に向かいます。

乗員は6人。よく吹いて居るので、ジブセールのNO.3は、丁度良かった。

 

第一マークと、第2マークまでは上り。少し風が落ちた帰路は、スピンを展開して快調。

  ハウステンボスマリーナの全景

猛暑のレースは、ビールが次々に空きます。

3時間30分のレースをゴールしたらすぐに、冷たーい素麺が出てきたので感激です。

WAYAは、Cクラス10位。6人でよく健闘しました。

 

レースの後のお楽しみは、いつもハウステンボス園内散策です。

レース関係者だけは、前夜祭が無料、レース日は1000円で入場できる特典が有ります。

こんな海上ホテルが!!!

園内をあちらこちらフラフラと歩きました。

水陸両用バスも   ハウステンボス歌劇には感動。宝塚にも決して劣りません。

    出国ゲートにお別れ

時間ぎりぎりまで遊んでから、昨夜のホテルの温泉に無料で入れて貰いました。

このバスに乗れば、11時間で京都駅です。

今年から出来た「いきなりステーキ」に行ったら、この行列。

並んで居たらバスに間に合わないので、仕方無くコンビニ弁当での夕食です。

まあ、アルコールさえ有れば良いのですから、食べ物は何でも大丈夫。

こうして、今年のハウステンボスレースも無事に終えました。

乗せてもらった「WAYA」は、オーナーさんともう一人が2日がかりで唐津まで帰り回航をしてくれています。

ありがとうございます。

途中、平戸での一泊も楽しみのうちですがね。


ハウステンボスヨットレース前夜祭

今年も、ハウステンボスレースに参加です。

泊まりはいつも、駅前の「ローレライ」

    

各停の「格安こだま」で、ハウステンボスに入り、前夜祭。

今回もお世話になる「WAYA」は、ヤマハ30CRS。

オーナーさんが、大、大、大改造して、実に綺麗に仕上がっています。

 往きの電車で隣り合わせた「フェアウインド」さん

沢山の料理に、ビールは飲み放題。

何故か、WAYAのオーナーさんがステージ上で、オリンピックの支援を。

バンドが入って、恒例のベリーダンスも一番前で。

中国舞踊の「変面ショー」は、目の前で見ていても、どうなってるのか判りません。

一瞬で面が変わります。20回くらい変わったかなあ。

こんな若者が踊ってました。

前夜祭のクライマックスは、豪華な花火。

賑やかな前夜祭を終えて、ホテルに戻るのは園内巡行の水上バス。

  

イルミネーションいっぱいの中を15分航行。

 綺麗な満月

ホテルローレライの温泉に浸かって、ゆっくり。