アーカイブ: 2014年2月11日

雪の滋賀紀行その3

DSCF2975 翌日は、9時の会館を待ってホテルから徒歩5分の「長浜曳き山博物館」へ。

4月のお祭りにはなかなか来られないが、ここでは2時間くらいでその殆どが観られる。

1月早々に、市内の旧家から見つかった「大判小判の数々」も、展示されていました。館内は撮影禁止なので・・・。

DSCF2977 DSCF2978

商店街では、中村鋭一の生放送。 鳥屋さんに、30人くらいの行列

DSCF2984 DSCF2989その後は、車に乗って移動。

浅井歴史民俗資料館。     黒田官兵衛博覧会

IMG_20140211_0001長浜市では、こんなパスポートを1000円で配布して、15カ所の会館のうち好みの5カ所に入れるように。これは嬉しい。

DSCF2991 DSCF2994続いて、これも永年観たかった「余呉湖」へ向かう。

立派な設備で最適の「ワカサギ釣り場」は、たった一人。しかも、釣果はゼロ。

DSCF2998 DSCF3002 DSCF3004

反対側の、狭い釣り場は「押すな押すな」で、次々にワカサギが揚がっていました。

その歳によって、ワカサギの回遊コースが変わるそうで、管理人泣かせだとか!

またまた薄暗くなってきて、雪の滋賀紀行はここまで。一気に名神を走りました。


雪の滋賀紀行その2

薄暗くなりかけた頃、長浜に入り「ヤンマーミュージアム」に滑り込み。

DSCF2937 DSCF2936 ヤンマーが、農機具や、掘削機もいろいろ製作してたとは!

DSCF2938 DSCF2942  DSCF2939mugenは、2GM16

50年前の4LDエンジン。    こんなにデカイのも。      ヨット用の最新3YM20

6時の閉館を恨めしく思いながらヤンマーを出て、今日からライトアップが始まった「盆梅展」の「慶雲館」へ移動。

DSCF2945 DSCF2949  DSCF2955

樹齢150年、400年の貴重な盆梅が60鉢ほど展示されています。全部で300鉢保有されているので、開花時期に合わせて展示を入れ替えて居るとか。

盆梅展は、故・高山七蔵さんが数十年前に四十鉢を寄贈された事から始まり、その後個人の盆梅所有者からの寄贈が続いて今日に至っています。

DSCF2957 DSCF2962 DSCF2968

柳の様な梅。         二色混合(交配では無い)    梅だけの雛飾り

DSCF2972 DSCF2973 DSCF2951

慶雲館は、明治天皇が来られる事になって、地元の豪商が明治20年に新築した豪華な別邸です。


雪の滋賀紀行その1

2月8日.9日に、長浜方面へ出かける予定でしたが、前夜からの大雪で交通渋滞が予想されました。

でも、この日を逃すと今後はいつ行けるか判らないと思い、非常食や水、カセットコンロ、多めの衣類を積んで出発。

DSCF2902 DSCF2903雪の永源寺は、ひっそり。眼鏡をかけたお地蔵様だけが迎えてくれました。

DSCF2906 DSCF2910 DSCF2913永源寺が、貸し切りです。

 

DSCF2916 DSCF2918 DSCF2920

続いて、何年も前からの念願「西堀栄三郎記念館」に、やっと行けました。彼はヨットマンでも有ったのです。

僕と同じ明倫小学校の先輩で「第一次南極越冬隊長」は、一年間の越冬を終えて、母校の我々に講演をしてくれました。

6年生の頃ですが、今でもよーく覚えて居ます。

 

DSCF2929 DSCF2931 DSCF2926

多賀大社にも雪が。ここも貸し切り状態でのお詣りなので、御利益が多いかも?

 

DSCF2935長浜辺りから南方向を見ると、真ん中に多景島、少し左に沖の島を確認。冬の日暮れは早いです。