アーカイブ: 2014年1月11日

東京旅行その4

DSCF2684 DSCF2691

浅草寺ですっかり暗くなったので、急いで東京駅へ。丸の内のオフィス街は、ビルも道路もキラキラです。

DSCF2685 DSCF2687 DSCF2689

東京駅で親しいお嬢さんと合流して、書家紫舟さんのアトリエへ訪問することになっていたのです。

紫舟さんは、沢山の人との打ち合わせが連続で、分単位で動いている中、1時間ほどを裂いて、いろいろなお話をさせて貰いました。

アトリエには、たくさんの最新の作品が展示されていて、それぞれの説明も詳しくして貰え、作品制作の時に付いたと思われる絵の具の後も生々しくて臨場感が有りました。

我々との時間を終えた紫舟さんは、またまた次の打ち合わせで六本木に向かいました。25時からのコンタクトなんかも、平気で有るようです。

今月は三週間ほどヨーロッパ行きで、来月はアメリカ行きとか?

DSCF2694 DSCF2695 DSCF2697

いよいよ東京旅行最終日の4日目は、ホテルから直接○○家へ訪問。

お宅は、東京、横浜、丹沢山地が見事に見渡せる絶好のマンション。

羽田離陸のギリギリまで、お喋りしたり、ランチを御馳走になったりして過ごしていると、あっという間にお別れの時間になりました。

DSCF2700 DSCF2701

楽しい時間は、たいてい早く過ぎるものですが、この四日間もそのとおり。

いろいろな人と逢って、いろいろな処へ行ったのに、数時間しか経過してないような感触ですが、いよいよ17時30分発のJALで、帰京です。

IMG_20140111_0001    IMG_20140111_0002

 

今度の東京行きは、往復の飛行機とホテルだけを確保。あとの行程は全て自分で組み立てるので、いろいろな組み合わせを考えました。

縦横無尽に交差する東京の交通網にも、改めて驚き。


えべっさん

我が家の恒例行事「えべっさん詣り」に行ってきました。

初詣、十日恵比須、節分詣は、とても欠かせません。

DSCF2706  DSCF2703

恵比寿神社に「萬木綱次さん」からの献酒が!!僕と一字違いなのでびっくり。

 

DSCF2704  DSCF2705

巫女さんが、笹のお祓いで忙しく舞っています。

裏の「叩き板」で、ドンドンドンと叩いて「お願い、聞いてくれましたか?」と言っておきました。


東京旅行その3

東京の三日目は、吉祥寺から2時間かけて、越谷の旧友に逢いに行き、午後からはスカイツリーへ。

DSCF2663 DSCF2664  DSCF2668遙か向こうに、TDLの観覧車が見えます。

ここもガラガラで、待ち時間ゼロ。50秒で350メートルの展望台まで上がれました。

DSCF2666  DSCF2670

DSCF2673  DSCF2680

夕暮れの浅草寺には、京都の高橋提灯が造って、昨年11月に掲げたばかりの大提灯が光っていました。

DSCF2675    DSCF2681本殿と、仲見世。

DSCF2683 DSCF2677浅草寺からも、スカイツリーはよく見える。

 


東京旅行その2

DSCF2631 DSCF2632東照宮から先は、有名な「いろは阪」。急激に高度が上がるので、雪道が心配。

明智平のロープウエイは、我々の前も後も、全然乗客無し。

DSCF2636 DSCF2637明智平らから見る「中善寺湖」と「華厳の滝」と「男体山」も雪化粧。

DSCF2646 DSCF2647 DSCF2651

広い華厳の滝展望台も、二人だけの貸し切り。シャッターを押してもらう人が居ない。

本滝は廻りだけが凍り、脇の小さな滝は、全て凍りついています。

DSCF2648 真下を流れる「涅槃の滝」

DSCF2652  DSCF2655中善寺湖畔。

DSCF2656 DSCF2653 湖畔の木々は、氷の花が咲いています。

黒い雲が出て来たので、雪道になるのが怖いから、急いで下山しました。よーーく冷えた。

DSCF2658 宇都宮で途中下車して、街を散策していたら大谷石で造った「筑波山のがま」と「餃子の像」に出会いました。


東京旅行その1

独身時代に数年暮らした東京には、逢いたい旧友が何人も居るし、最近も逢いたい人が増えました。

思い切って、3泊4日の格安パックをゲットしてから出かけました。格安の為には、伊丹と羽田は飛行機で往復し、ホテルは都心から離れた吉祥寺。

DSCF2591先ずは、伊丹から練馬へ向かって「丸十小泉」時代の先輩お二人と、懐かしい話をいつまでも。

DSCF2594 DSCF2596先輩に、吉祥寺のホテルまで送って貰ったので大助かりでした。

DSCF2597 DSCF2598 DSCF2603レトロな日光駅。

 

2日目は、東京駅へ出て「やまびこ」と在来線を乗り継いで「日光」へ向かいました。

DSCF2616 DSCF2624

積雪が多いものの道路は大丈夫なので、レンタカーで東照宮へ。6年がかりの修復に取りかかったばかりの「陽明門」以外は、ガラ空きの境内をのんびりと参拝できました。

 

DSCF2625  DSCF2607 DSCF2627

有名な「眠り猫」も「見ざる言わざる聞かざる」        苔むした立派な石灯籠が沢山有ります。

 

DSCF2629 DSCF2630唐門前の、親子杉と夫婦杉。

17歳と、22歳と2回訪れているので、神社仏閣が変わりなく引き継がれているのがよく判ります。