アーカイブ: 2013年12月6日

イルミネーション

バイクで走っている時に、ふたつのイルミネーションに遭遇しました。

DSCF2110 ブライトンホテル。

DSCF2111 DSCF2112

DSCF2113 DSCF2115 DSCF2116

例年は自転車で観にくる、平安女学院のイルミネーション。

さあ、次は久しぶりで復活した「ロームイルミネーション」です。


大学生の劇

いつも行く同志社大学の劇公演に、今夜も出かけました。

直接に案内を貰うようにしてあるので、いつも漏れなく早めに知らせてくれるので、出来るだけ調整して行けるよう

にしています。

CaItyuPEK4RP87R1386337713_1386337761これが、今夜の案内状。

DSCF2107

若さいっぱいで、動きの激しい、セリフの複雑な芝居を演じてくれました。

帰りは、90分の熱演を終えたキャストとスタッフが、満面の笑みで見送ってくれます。

劇の内容も嬉しいのは勿論ですが、損得を感じさせない若者に接しられるのが一番楽しいです。

またまた鑑賞に行きますよ。

 

 


柿の木

最近、何人かの方から柿の頂き物をしました。

小さめのも、大きめのもいずれも味が良くて、今年は当たり年か!!!と思って居ます。

そんなときに一つ「良いなあ」と思ったお話を・・。

まだ旅行は、のんびりテクテク歩いていた時代の頃です。

秋に、鈴なりになった柿を収穫する時、持ち主はすぐに手の届くところは獲らずに、わざわざ道具を使って上の方の

実だけを収穫します。

簡単に獲れる低い処の柿は、残しておいて、旅人が食べられるように・・。

また、一番高い処の柿は、鳥たちの為に残す。

四国88カ所巡りで「同行二人」と背中に書いたおいづるを着る巡礼さんは、通りの住民から手厚いおもてなしを受

けるのが当たり前だったとか。

こんな善良な気持ちが続けば、とっても楽しい世の中になるのに。