アーカイブ: 2013年8月21日

「徳島阿波踊りヨットレース」その3

15日は、いよいよ新西に向けて、帰りの回航です。

DSCF0783 早朝にも関わらず、お世話になった会長さんが見送りに来てくれました。

DSCF0790 DSCF0785

徳島から洲本までは微風なのでずっと機走。洲本では昼食とアイスタイム。

DSCF0794 DSCF0804

洲本を出た頃から、強い追っ手が吹いて、快調なセーリングでしたが、ジャパンカップのレース艇は、スイスイと抜いて行きます。

DSCF0808こんなに大きな本船が見られるのも、海ならではです。

DSCF081115日の19時、無事に新西帰港。例のごとく荷物がいっぱい。

POCO-A-POCOのお二人のところへ、mugenから6人が押しかけての徳島遠征。

POCO-A-POCOさん、毎年毎年ありがとうございます。

徳島の宿も大丈夫のようですから、また来年もよろしくお願いします。


「徳島阿波踊りヨットレース」その2

RIMG0285前夜に駆けつけた二人を加えて、8人でレース水域へ向かう。

RIMG0283 8月14日午前8時30分、花火の音と共に71艇がスタートしました。

RIMG0288 RIMG0290 RIMG0293

往路は微風の上りで、3時間半でしたが、復路はずっとスピンで、風も少し上がって2時間少し。

無事に5時間43分で完走。後方には、8艇ほどが!!

心配したリミットはクリアして、58位を貰いました。

驚異的な暑さで、ビールとポカリがドンドン少なくなって、最後は譲り合いです。

RIMG0297 RIMG0300 RIMG0303

レース後の豪華宴席に、女将さん御夫妻も覗いてくれました。

停泊バースから、宿泊部屋、昼食の弁当と氷まで、毎日早朝から準備して貰えて、感謝しきりです。


「徳島阿波踊りヨットレース」その1

琵琶湖の無限チームです  DSCF0696  DSCF0701

先発隊6人が今回も、POCO-A-POCOさんに乗せて貰って、8月12日の22時10分に新西を出港。友ケ島水道の手前で日の出を迎えました。

POCO-A-POCOは、HR(ホルベルグ-ラッシー)と言う、デンマーク製の頑丈なヨットで、安全、快適な航行を何度も体験させて貰っています。。

DSCF0706 DSCF0709

CDy0ZWwTbWIgPQq1377064802_1377064915   =_EUC-JP_B_YTUzYTQ4MC5qcGc=_=

ケンチョピアには、13日7時半に到着して、今年もこの料亭「伊月笹乃庄」の6階に泊めて貰う事に。

気分サイコーの露天風呂は6階に有り、眺めが爽快です。日焼けベッドで昼寝も出来ます。

DSCF0716

パーティーまでに、200円の「ひょうたんクルーズ」徳島市内を廻ってくれます。

DSCF0717今しか、こんな旗は触らせて貰えない。

4時から艇長会議で、5時からはウェルカムパーティー。

DSCF0742 DSCF0746

「奴連」の皆さんが、ヨットの前で息の合った踊りを披露してくれます。

DSCF0763  DSCF0767

パーティーの後は街へ出て、観覧席で「阿波踊り」を堪能しました。

さあ、明日はいよいよレース本番。

ところが、僕のミスで深夜まで4人が寝られない羽目になり、寝不足のままのレース参加でした。


BSCA賞金レース

8月18日は、BSCA恒例「賞金レース」mugenも、しっかりメンバーを揃えて、ユニフォームも8人ビシッと揃えて臨みました。

DSCF0841 スタート前の緊張。焦ってリコールしたので、再スタート。

DSCF0844     DSCF0849   FHlNEVSpBedri5g1376961289_1376961333

第2マークが見つからない。  ゴール前、Hawk Windさんが追い上げてくる。

右の画像は、Hawk Windさんから。ウォーリーを探していたそうです。

DSCF0851 DSCF0852

ゴールしてから、4?歳誕生日の「よこまん」のお祝いで、シャンパンをポーン。

DSCF0853 DSCF0857

水浴びで汗を流してから、ピエリでかき氷を。

DSCF0860mugenは、10着27位。また次を楽しみに頑張ります。