アーカイブ: 2013年7月25日

2013火山巡りヨットレースその1

長年参加したいと思いながら、諸々の事情で実現しなかった「鹿児島火山巡りヨットレース」に、第24回目にして

初めて参加出来ました。

友人数人に、乗せて貰える艇の紹介を依頼していたところ○井○介さんから「4人くらいなら乗れるよ」との連絡を

貰って、慌てて準備に入りました。

まずは人選。そして、往復の交通手段と宿泊場所。それらを時間と費用が格安になるようにしなくては。

DSCF0226 DSCF0227 DSCF0229

前夜に八幡山の足洗慰労会を終えて、19日は早朝から「ピーチ」で、鹿児島入りです。

鹿児島駅の上には、こんな観覧車が。

DSCF0231 DSCF0233  DSCF0239

鹿児島到着後、まずはお世話になるヨット「calypso」へ行って御挨拶。

臨時停泊マリーナの「マリンポート鹿児島」は、レース参加の艇がひしめいています。

DSCF0236やはり、今日も桜島は噴煙をあげています。

DSCF0250 DSCF0253 DSCF0254 DSCF0257

ウエルカムパーティーでは、驚くほどの御馳走が出たけど、とても食べきれない。

DSCF0270鹿児島親善大使は、こんなに可愛い人。みんなすぐに駆け寄ります。

DSCF0273

一昨年、mugenに乗ってナイトレースを取材してくれたKAZI社の中村さんも来ていました。

右の人が、4日間お世話になる「calypso」のオーナーさん。この人も中村さん。

DSCF0277

優勝したら数十万円のこの薩摩切子タンブラーが貰えます。撮影だけさせて貰いました。

さあ、明日からいよいよレースの開始。

第一レースは、ショートディスタンス。第2レースは三角レース。第3レースは90キロのロングレース。

 

 

 


足洗慰労会

八幡山では、毎年18日にお祭り全ての収納を終えて、その夜は楽しみな慰労会です。

今年もお祭りを支えた町内の皆さんが揃っての大宴会で、あちこちで話の花が咲きます。

DSCF0204 DSCF0205 DSCF0211 DSCF0214

DSCF0217八幡山のお揃いの浴衣がお似合い。町外協力者のお一人。

DSCF0215八幡山を刺繍で背中に背負った人も居ます。

DSCF0222お開きは、来年の当番役チームの挨拶。来年、よろしくお願いします。


巡行当日

17日は、早朝から八幡山の飾り付け。

天候が良いので、第一装の飾りにして、出発します。

IMG_2119八幡山の役員、総揃い。

IMG_2360a IMG_2361a IMG_2363a

10時頃に町内を出て、お詣りと巡行を済ませて1時半に戻りました。

 

 


八幡山の宵山

DSCF0164 DSCF0166  DSCF0188

八幡山では、毎年可愛い子達が、粽や鳩笛鳩鈴の売り子さんをしてくれます。

DSCF0169 時々は、おばちゃんも座りますが、御勘弁を。

DSCF0162我が家では、連日の宴会が・・・。食べ物、飲み物がすぐに無くなります。

DSCF0172  DSCF0176

さあ、そろそろお囃子も終わったから、お山前と、我が家で記念撮影をしてから解散。

 


八幡山の曳き初め

八幡山では、過去に「曳き初め」をした記録が有りません。

でも、今年から理事長の肝いりで7月13日に行うことになりました。

毎年、北観音山と南観音山の曳き初めが終わると、八幡山を表に出して、宵山飾りをします。

それを、今年からは安全点検を兼ねて、町内を曳き初めして廻り、その後で宵山飾りをする事になりました。

DSCF0143 DSCF0148 DSCF0149

懸装品を全く着けない八幡山を、10人ほどで曳き初めしてから、定位置に治めました。

これから、14.15.16と賑やかな宵山が始まります。