アーカイブ: 2013年6月9日

小樽から小浜への回航その1

4月末に「小樽から若狭まで、42フィートクルーザーを回航するので乗らないか?」とのお誘いを貰っ

たので、即座に「行きます」の返事。

RIMG0029いよいよ6月3日の夜11時に、伊丹空港ホテルへ入る。

この2個の荷物は24キロで、翌日のANAで、重量超過と言われました。

RIMG0038 RIMG0039

4日の午後小樽マリーナに着いて、諸々の点検開始。

700マイルの航海に必要な準備を、4人で真剣にやりました。

燃料補給をして、タンクには1500リッターを満載。

RIMG0043 4日午前5時45分、いよいよ長い航海の始まり。

RIMG0057  RIMG0058

小樽から積丹半島の先端までは、高い波が前から襲いますが、ベネトウ-スィフトトローラー42は

グングン進みます。

RIMG0048 RIMG0052 RIMG0059

積丹半島の先端をかわすと波は後方になり、荒れていても快適です。みんな余裕の笑顔。

素晴らしい雪景色を楽しみました。

RIMG0065 RIMG0070 RIMG0071

4日午後3時には、予定通り「江差港」に入港できました。225キロの航海で、400リッターの給油。

江差沖で、土方歳三と榎本武揚の乗った「開陽丸」が沈んだと言う事で記念館が有りました。

RIMG0073 RIMG0076江差でまずは一泊して、5日の朝は6時30分に出港。

全員、まだまだ厚い冬装備です。


大津港レース

いつものように「HOIHOY」のレースに、mugenから3人がお邪魔しました。

我々が来ることを予想して、HOIHOYのメンバーは、ポンドスケーターと、ウーピーへ助っ人に行っ

たので、HOIHOYは、スキッパーの酒井君だけで、我々3人の他に、Kさん、Nさん、Mさんが加わ

って7人だけでのレースです。

RIMG0188 RIMG0192 RIMG0193

レース水域へ向かう。     スタート直後。既にトップを確保。

RIMG01952番手、3番手は遙か後方に居る。

しかし、HOIHOYはハンデがきついので、五秒でも縮めようとみんなでトリム。

RIMG0199HOIHOYの小野やんが乗る艇とスライド。だいぶん後ろだ。

RIMG0202 RIMG0205

無事にファーストホームし、シート類を片付けてから、パーティーまでの腹ごなしです。

RIMG0210                   RIMG0211

やったーー。ファーストホームに、修正でも一位で優勝。   フリーウェイさんは、ブービー。

RIMG0212 RIMG0215パーティーの食事もお酒も美味しい。

RIMG0216

パーティー会場の傍にこんなヨットが、ヨーロッパから到着。

近いうちに琵琶湖にデビューするそうです。


小樽から若狭まで

6月3日から、小樽-若狭へのモータークルーザー回航のお手伝いに参加してきました。

大変貴重な体験なので、ゆっくりとまとめて掲載の予定です。

RIMG0036