アーカイブ: 2013年3月23日

マリーナでメンテナンス

のんびりサタデーは、明日のレースの準備の為、午後からマリーナへ。

知り合いの人が「ヤマハフェスタ24」を購入して、お手入れの真っ最中。

Proud MaryⅢと命名されたようです。

 

そして、揚降機の傍をみたら「ベネトウ44」のパリパリ新艇のモータークルーザーが鎮座してました。

昨日到着したようです。こんなに凄いクルーザーは、誰が乗るのかなあ。

 

バウスラスターは勿論、スターンスラスターまで装備です。

それに、どれくらいの重量なのか?このようなものものしい船台に驚き。

 

桟橋には、ヤマハ26sⅡが舫やわれていました。

これは、OYCメンバーの「ZERO」さんが、今回乗り換えられたレーサー艇で、明日はこれでレースに参戦され

るようです。mugenのライバルがまた増えた。

マリーナをウロウロしていたら、目の前に見慣れた人がニコニコ笑いながらこちらをみてる。

何と「喜怒哀楽」のkさん。突然に現れました。もう何ヶ月も逢ってないが大変元気そう。

ヨット仲間として、何十年ものお付き合いで、お世話になりっぱなしの人です。

箕面の人ですが、滋賀県に来る用事が有ったので、雄琴に来れば僕が居るかと思って、立ち寄ってくれたそうです。

案の定僕がマリーナをウロウロしていたので「やっぱり」と思ったそうです。

余りに懐かしいので、やはり顔見知りのZEROさんと一緒に記念撮影しました。

 

 


京のお雛様

近くの「京都学園大町屋キャンパス」で、京のお雛様の展示が有り、今日までと言う事で出かけてきました。

この近辺のおうちの所蔵品をお借りしての展示と言う事で、大変保存状態の良い物ばかりです。

お座敷での展示なので、全てを間近に詳細まで見ることができました。

さすがに京の大店の持ち物らしく、衣装も道具も、人形も実に繊細な造りです。

  

今は、こんなに立派なお雛様を、飾る部屋さえままならないのが現状です。

我が家の七段セットは、長女と次女が話し合って、長女が舞鶴へ嫁いだときに持って行き、次女にはガラスケースに

入った「お内裏様とお雛様」を買って持たせました。

 

同時に、亀岡の「佐伯灯籠」というお祭りの「人形浄瑠璃」も五体展示されていました。

一つの人形を一人が操れるような造りになっていて、これも実に忠実に作られています。

毎年8月14日、このような舞台で、浄瑠璃が演じられます。