アーカイブ: 2012年2月12日

見慣れないブイが

今日は寒風の湖上を、一人で雄琴から大津港までを往復しました。

3月4日まで乗船の予定が無いので、エンジン調整の為にと思い、僚友艇の「HOIHOY」のメンテナンス状況の見学に。

でも、HOIHOYは、留守で「ビアンカ」のあたりをウロウロしてから帰途につきました。

往路は追っ手で、快適でしたが、復路はアゲインストになり、凄い体感温度の違いで、すぐさま上下共にカッパ着用。

新しいカッパは、ホッカホッカでした。

柳ケ﨑まで戻ったところで、HOIHOYから電話。

「そこに走ってるのはmugenか?何してるノン?」

「HOIHOYを見に行ったけど留守みたいだから帰るところ」「艇内でコーヒータイムだった」

でも、気温がドンドン下がってくるので、そのまま雄琴へ帰りました。

その途中で、こんな真新しいブイを発見。ピアから雄琴の間に4個。

琵琶湖の環境をよくしようと、努力してくれて居る人が居るようです。

 

 


息子の趣味

100メートル離れた処に居る息子が、いろいろと珍しいモノを飼って居る。

蛙と亀が数種類に、面ふくろう。ふくろうは、大変おとなしいけれど、さすがに肉食だけあって、足の爪とくちばしは鋭いので危険。