アーカイブ: 2011年5月5日

歌劇

40年以上前に、両親を連れて観に行った「宝塚歌劇」を、数年前から久しぶりで観てみたいなあと家内と話してました。

それが聞こえたのか?突然に友人から「宝塚なんか行く?チケットが有るけど」

「行く行く、もっちろーーん」

今日の午後からは、僕も悦子も琵琶湖行きの服装とはひと味変えて阪急電車に乗って、いそいそと。

着いてみたら、我々の席は前から12番目の真ん中なので、よーく見えること見えること。

「劇団四季」は、何回も観たけれども宝塚は格段の差でレベルが高いです。

劇場、キャスト、装置、挿入歌、演出、オーケストラ、みんなみんな凄いです。その代わりチケットの代金が!!!

おまけの、今回卒業の新人34人の初出演口上とラインダンスも見事なものでした。

ラインダンスだからと言って、決していやらしく評価している事は有りません。

これで冥土の土産が出来ました。