松花堂美術館

八幡市の「松花堂美術館」へは、何度も行っていますが、今回もまた出掛けました。

「梅を愛でる」と銘打って梅尽くしの美術品がズラリと揃っていました。

小規模な美術館では有るものの、毎回いろいろな企画を立てて、自館所蔵の物や各方面からの出品を集めて

展示されています。

 メインのお茶室も灯籠も壊れました

美術館の傍には、これまた手の込んだ「松花堂庭園」が有り、美術品と庭園の両方が楽しめます。

エジソンが好んだこの地の竹と椿を何種類も植えて「竹林」と「椿園」を形成しています。

しかし、この庭は一昨年9月の台風で大きな被害を受けて、少しずつ回復しているとは言え

まだまだ復興途中で、みなさん苦労されて居るようです。

毎年この時期には「つばき展」を開催して、園内がつばきで溢れますが、昨年も今年も中止です。

石清水八幡宮のお山の麓に庵を構えて、様々な粋を好んで楽しんだ「松花堂昭乗」の名を取っています。

絵具の箱に食事を入れて楽しむ「松花堂弁当」は、ここから日本全国に拡がって居ます。

松花堂美術館の隣の「吉兆」では、松花堂弁当が有りますが、10数回来ている割には

一度も食した事が有りません。安いほうでも5100円で、上は8500円、11000円、15000円です。

死ぬまでには一回でも・・・。

 


«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む