能鑑賞その2

3回に渡る「能鑑賞」の第2回目に挑戦してきました。

今日の会は、ちょっと空いてました。ガラガラの二階から。

まるっきりの素人の僕には有り難い冊子を貰いました。

これは、実によく判ります。

今日は「百萬」から始まりです。

この解説のように「仏に祈る」「人前で八幡山巡行を曝している」が、舞台では見えないのです。

10歳くらいの子供が出演する「お能」は、初めて観ました。

この後の「狂言梟」は、よく楽しませて貰えました。

「山から帰ってきて以来、兄の様子がおかしい」と弟が山伏に祈祷を頼みに来ます。早速向かった山伏は兄に祈祷を始めますが、兄は不思議な奇声を上げはじめました。不審がる山伏に、弟は兄が鳥の巣にいたずらをしたことを打ち明けます。兄の病気は“梟憑き”だと考えた山伏が憑き物を落としにかかりますが、兄の病気は治るどころか次から次へと拡がりはじめて…。

梟の鳴き声が伝染する!?奇想天外なストーリー。恐ろしさとおかしさを笑いの中に描きます

次は「天鼓」

子供が、皇帝の命に背いて生けに沈められるなんてことが、ケロッと説明される。

シテが、前半と後半で一人二役と言うのも初めて観ました。

前回には、入れ込み過ぎて鑑賞したので大変疲れたので、今回は気楽にとのつもりが、やはり力いっぱいで観ました。

でもまあ、お能二題、仕舞ひとつ、狂言一つは何とか観られました。

12月15日は第三弾。またまたじっくりと拝見してきます。


«
»
 

トラックバックURL

コメント(2)

  • ちはやママ より:

    お疲れ様でした。
    解説がわかりやすくていいですね。
    私も行きたくなりました。
    日本のミュージカル、楽しんでくださいね!

    • mugen より:

      CHIHAYAママ、コメントをありがとうございます。
      今回は気楽にとは思って居ましたが、やはり「あの所作は何を表してるのか?解説の中のあれは、どこで出て来るのか?」
      それを考えながら観ていると、ついつい力が入ってしまいました。
      今回一連のチケットをくれた人は「屋島」とか「田村」を自分で上演した人で60年前の大学の能楽部出身です。
      明後日一五日もまた頑張ってきます。

コメントを書き込む