天下一の軽口男

老人会から貰った半額割引券で、大阪松竹座に出掛けました。

この特典を生かすには、予約無しで開演前に窓口で空席が有るときだけ。

確か、航空券にもこんなのが有ったようです。

開演50分前に行ったら、空席が10席くらいなので、何とかチケットをゲット。

開演までの間、何十年ぶりかで道頓堀を散策しました。

  

「天下一の軽口男」の二時間半の公演を観終えて、また道頓堀へ。

名の知れた、大勢の芸人の名前が連なって居たので期待したものの、内容はいまいち。

 

芝居がハネタ後、道頓堀、心斎橋、戎橋、宗右衛門町をウロウロと「大阪おのぼりさん」

予想以上の「中国人の人並み」前後左右、上も下もいっぱいです。

ドラッグストアの二階の窓では、ひっきり無しにこんなダンスが!!!

こんなことをやってるとは、さすがーー大阪。

戎橋の上では、こんな楽器が!!!

かに道楽の蟹か、づぼらやの河豚か、いやいや勿体ない。

結局は、串カツの夕食でこの日はお開きです。

二度漬けはしていませんよーー。


«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む