歌舞伎

何でも好きの性格から、歌舞伎にもこれまで何度も出掛けては居たものの、最近の入場料の高騰で、御無沙汰続きでした。

今回、老人クラブから半額でお弁当付きとの案内が有ったので喜んで申し込みました。

1486474178555 1486473982434 1486474006459

大阪松竹座は初めて。賑やかな道頓堀に有りました。道行く人は外国人ばかり。

1486474068487   IMG_20170206_0001

松竹座歌舞伎    IMG_20170206_0002

午前の部、午後の部共に約三時間なので、6日の午前の部と9日の午後の部との2回通いました。

若手歌舞伎ということも有って、とにかく豪華絢爛、溌剌としています。

単なる観劇と違って、やはり歌舞伎は難しいです。

いろいろな決まり事や流れが有って、それを知って居るのと知らないのとでは、面白みが増減します。

義経千本桜も金閣寺も、これら歌舞伎の出し物は、長い長い芝居のほんの一部を切り取って上演するので、その前後を知らないと理解しにくいか

ら、余計に解説が必要です。

予めネットで、予備知識を得て出掛けては居ましたが、それだけではまだまだ不足でしたが、今回700円を払って「イヤホンガイド」を借りたので

ずいぶん助かりました。

ガイド無しでは何の事か判らなかった事がいっぱい有った、台詞の裏にある意味とか、役者が小さく演じた仕草も教えてくれるのです。

IMG_20170221_0001 京都新聞で、好評を掲載してました。僕の思ってたとおりの事を書いて居たので良かった。

1486474097260おまけのお弁当は、2回とも同じ。まあ良いか。

 

余談ながらイヤホンガイドが、面白い事を教えてくれました。

歌舞伎で、蝶々や鳥を飛ばせる黒子さんが居ますが、その時に自由に扱う棒を「さしがね」と言うらしい。

それが、我々の言う「あれは、彼のさしがねだ」になっていること。

その他にも「どんでんがえし」「奈落」「こけら落とし」「遅かりし由良之助」「千秋楽」「花道」「二枚目、三枚目」など、歌舞伎からの言葉は、

以外と沢山有る事を知りました。


«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む