二日連続で

18日は、地域の老人会のイベントで南座へ。

13000円の席が6500円で「なだ万の弁当」付き。これは行かなくては。

藤山直美が主演にも関わらず、喜劇では無くて、なかなかシリアスな芝居が4時間。

見応えの有る「道頓堀ものがたり」でした。

次回は、1月6日の「松竹新喜劇」10000円が5000円です。予約するかなあ。

19日は雨の中、邦楽の会へ。

琴、三味線、尺八のベテランの演奏をゆっくりと聴かせて貰いました。

いつもの太谷祥子さんと三好芫山さんは勿論、人間国宝の富山清琴さんなど、勿体ないくらいの人が出演されていました。

それらが理解出来ると、もっと打ちが有るのですが?


«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む