初めての紙漉き

我が家の真向かいに越して来られた「和紙屋さんの紙漉き体験」を一度はしてみたいと思いつつ

一年以上過ぎました。いつでも行けるからと思っていましたから。

紙TO和」さん体験が、やっと実現しました。

  お手本を見せて貰います

原料「コウゾ」 その繊維を溶かした水槽。

この水槽には糊よりも薄めの「ねり」が入って居るので、溶かした繊維が沈まないし、手ですくうことも出来ないのです。

凄い知恵です。

初めてながら、何とか掬えました。

 

3回漉いてから、薄く薄く作られた押し花を配置します。

花を置いたら薄紙で保護します

こんなに薄い和紙が有ります

ハガキ4枚に切るので、その配置を考えて。これはセンスが必要。

仕上げに、金粉を散らして熱板で乾かしたら出来上がり。

 押し花ハガキが4枚出来ました。

4枚に切るのに、鋏では無粋なと思って居たら、折り目を濡らして引きちぎります。

これには目から鱗です。自然な裁断面がどうしたら出来るのかが謎でしたから。

先週「国宝」に認定されたばかりです

ここの御夫婦は、大阪で紙問屋をされていて、この店は宣伝体験用だとか?

外人客が多いけど、奧さんがCAさんだったから説明には不自由無いそうです。

奧さん、ありがとうございました。


«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む