八幡山の吉符入り

例年、17日の前祭り巡行の翌日に、八幡山では吉符入りの神事が行われます。

午前10時の開式前、既に大勢の皆さんがお集まりです。

開会を待つ、長老の方々。

今年のお祭りも滞り無く行えるように、全員で神前に拝礼してから御神酒を頂きます。

お山を監視する当番籤も引きます。

今年のお祭りの全てを取り仕切る主行司さんから、今年のお祭りについての説明があります。

みなさん、真剣な眼差しです。

午後からは大工方によって、八幡山の組み立てが始まります。

20日には、組み上がったお山を皆で試し曳き。

町内の人や観光客も一緒に、お山を曳いて町内を往復しました。

21日には、土蔵から全ての懸装品を出して、町会所に展示します。

そして、21.22.23日の宵山で、多くの皆さんに八幡山を観てもらって

粽や鳩笛鳩鈴をお授けした後、24日は八幡山に第一番の飾り付けをして巡行に参加します。

台風5号が近づいて居るけど、大事無く過ぎてくれますように。


«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む